旅人 バックパッカー 旅浪-たびろう- 忍者ブログ
作者の旅行記。 旅先で出会ったものはすべて人生のドラマです。

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/22 13:30 |
【カンボジア編】ワンダラー姉弟
Cambodia TonleSap


東南アジア最大の湖のトンレサップ湖。
トンレサップ湖にいくつかの家、店、学校、教会などがある。
色んな住民の生活を見ることができる。


その生活を眺めているときにボードの上に乗った姉弟がこっちにやってきた。



カメラをかまえると、姉弟はすぐピースサインしてくれた。


そして、ハオ達が乗っているボードまで近づいてきた。
ハオは撮影した画面をその姉弟に見せた。


すると人指し指を指して、なにらかを話してきた。

早口で唇の形が読めない。

どうやら「ワン・・ワン・・」を連呼しているように聞こえたので、
もう一枚撮影して欲しいのか」と思った。

カメラをかまえると


すぐポーズをとってくれた。



同じようにこの撮影した画面を姉弟に見せた。


しかし、姉弟はその画面をあまり見ないでもう一度
人指し指を指して、「ワン・・ワン・・」と連呼した。


おかしいと思ったハオはその姉の唇の形を注視した。


ワン・・ワン・・
ワンダ・・ワンダ・・
ワンダラーワンダラー

分かった!
1ドル払え!」と言っていたのである。
すなわち、「写真を撮らせてもらったんだから金を払え」と要求していたのだ。

しかもその子供がそうやって撮影しただけで
すぐお金を要求するということはひどくガッカリした。


近くにいたカンボジア人のガイドに聞いてみた。
カンボジアは写真を撮影したら金を払わないといけないだろうか?

カンボジア人のガイドは
イイエ、払ウ必要ハ ナイ
と答えてくれた。


その時、姉弟は追っ払ったが、旅をしていて気になったことが何度かあった。
それは、どこかの白人が子供たちを撮影して
お金を払っている
のを何度も目撃したことだ。

つまり、外人から写真を撮ってもらったらお金がもらえるということを
子供たちに教えている
ということだ。


それって良いことなのか。
悪いことなのか。

旅をするたび、いつも悩む出来事です。

拍手[2回]

PR



2009/01/18 01:21 | Comments(2) | TrackBack(0) | カンボジア

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

レスをありがとうございます。
本当ですね!
向こうが見た日本人ってのはお金持ちの国から来た人って思っているからね…
「日本人は全員お金持ちじゃない」って言っているんだけど、「旅行をする自体が金持ち」って思うから説得力ないんだよねぇ汗

リンクの件でありがとうございます。
こちらからもよろしくお願いします。
posted by 管理者 at 2009/01/20 19:35 [ コメントを修正する ]
初めまして。
子供からお金を請求されると、それまで楽しい気分でいただけに、後味が悪くて悲しくなりますね。
だけど撮ってしまった後に請求されると拒む勇気もなかなか…私もいつも悩んでしまいます。

初めましてで失礼かもしれませんが、
ハオさんワールドの虜になってしまいましたので
リンクさせて頂いてよろしいでしょうか?
posted by だだ URL at 2009/01/20 12:02 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)


<<【ネパール編】地獄のトレッキング | HOME | 【カンボジア編】想いが通じるって嬉しいね>>

忍者ブログ[PR]